漱石・草枕の里

夏目漱石の小説「草枕」の歴史資料
漱石が魅せられた天水町小天をご紹介します



人気のある記事

お知らせ

草枕について

夏目漱石・前田家別邸・草枕交流館・草枕の里・草枕温泉てんすい

1

小説「草枕」と、夏目漱石

しょうせつ「くさまくら」と、なつめそうせき

夏目漱石は熊本時代に小天温泉(玉名市天水)へ旅をしました。それは後に小説「草枕」として発表される漱石の代表作となりました。
熊本県玉名市天水町には「草枕」にちなんだ「草枕温泉てんすい」、「草枕交流館」、「前田家別邸」などみどころが盛りだくさんです。

詳しく見る

2

前田家別邸

まえだけべってい

3

草枕交流館

くさまくらこうりゅうかん

2006年4月23日に夏目漱石の小説「草枕」の歴史資料館と「草枕」の観光案内施設としてオープン。

詳しくみる

4

草枕の里

くさまくらのさと

玉名市天水町には、たくさんの歴史的価値を持つ史跡が点在しています。あなたも古代ロマンにふれてみませんか。

詳しくみる

5

草枕温泉てんすい

くさまくらおんせんてんすい

文豪 「夏目漱石」も歩いた地。 小説「草枕」の舞台ともなった、ここ玉名市天水町小天。
ここは、温泉・宿泊・レストラン・物産館・バーベキュー・キャンプなどの総合レジャー施設。
有明海から島原半島を見渡す絶景をひとりじめできる小天の丘は、
ゆっくりと時をこえて訪れる人々の心に癒しと安らぎをあたえます。

詳しくみる

会社情報・アクセス

会社名
漱石・草枕の里
所在地
〒861-5401 熊本県玉名市天水町小天735-1
TEL
0968-82-4511
FAX
0968-82-4512